2006.02.14

手打ちパスタ(2)

手打ちパスタ(1)より

●用意するもの
 麺棒:100円ショップに売っているもの、または塩ビのパイプ、すりこ木などでも)
 包丁:ぺティナイフでもよい
 まな板:普通の大きさ(44cm×25cm)でよい。
 ボール:大きめなもの、100円ショップで売っている大き目の洗面器でも良い

●材料(5人分)
 小麦粉(※)   :400g
 塩        :小さじ2
 玉子MS    :4個
 オリーブオイル:大さじ2
 片栗粉     :打ち粉用

※:小麦粉100gに対し玉子MS(約50g)1個を使います。今回は中力粉を使ったのですが、
  強力粉、デューラム小麦のセモリナ粉を使うとより本格的になります。

●作り方(写真は2人前です。)

PAS_009 8.寝かせる前は表面がかなりでこぼこだったのが寝かせると滑らかになってきます。
PAS_010 9.一人分ごとに生地を分ける。レシピの分量なら5等分くらいにします。
PAS_011 10.一人分の生地をまな板にのせ、手の平で平たくのばします。
PAS_012 11.麺棒で厚さが1mm~1.5mmくらいになるようのばします。麺の長さは30cmくらいが理想ですがこだわる必要はありません。
PAS_013 12.のばし終えた生地は、片栗粉をふった後、くるくると巻き取ります。
PAS_014 13.ぺティーナイフなどで麺を5mm幅くらいに切り分けます。
PAS_015 14.完成しました。2~3分くらい茹でて好きなソースとからめて食べます。クリーム系のソースやジェノバソースが良く合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.13

手打ちパスタ(1)

うどん屋をやっているのでもちろん手打ちうどんはお手の物ですが、うどんが手打ちできるとパスタも割合簡単に手打ちできます。今回は家庭用の道具を使って手打ちパスタに挑戦をしました。

●用意するもの
 麺棒:100円ショップに売っているもの、または塩ビのパイプ、すりこ木などでも)
 包丁:ぺティナイフでもよい
 まな板:普通の大きさ(44cm×25cm)でよい。
 ボール:大きめなもの、100円ショップで売っている大き目の洗面器でも良い

●材料(5人分)
 小麦粉(※)   :400g
 塩        :小さじ2
 玉子MS    :4個
 オリーブオイル:大さじ2
 片栗粉     :打ち粉用

※:小麦粉100gに対し玉子MS(約50g)1個を使います。今回は中力粉を使ったのですが、
  強力粉、デューラム小麦のセモリナ粉を使うとより本格的になります。

●作り方(写真は2人前です。)

PAS_001 1.ボール(大き目の洗面器でも代用可)に小麦粉を入れ、山にして真ん中をくぼませ分量の「玉子」「塩」「オリーブオイル」をくぼみに入れる。
PAS_002 2.黄身をつぶし、玉子が全体に混ざるように混ぜる。
PAS_003 3.左の写真のように黄身の色が全体に回ったらまとめ、玉にする。
PAS_004 4.手のひら(できれば両手)で押さえるようにして体重をかけながら転がして横長の棒状にする。
PAS_005 5.横長の棒状になった生地を左の写真のように巻き取り4.に戻る。5,6回繰り返す。
PAS_007 6.かためにしぼった濡れ布巾にくるみ約30分寝かせる。
PAS_008 7.左は100円ショップで買った麺棒(33cm)。ホームセンターで買った丸棒や塩ビパイプでも代用可。

手打ちパスタ(2)に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

スパゲティー・ナポリタン

今日と〜っても、久しぶりにスパゲティナポリタン(以下、ナポリタン)を作って食べた。昔はよく食べてたんだけど、最近はあまり食べないですねぇ。

昔の喫茶店のスパゲティは茹で置きのスパゲティーをフライパンで焼きそばのように炒めて作っていた。今のようにスパゲティ専門店はまれで茹でたてのスパゲティーを食わせるところなど皆無に等しかった。

そういえばイタリアンとナポリタンは同じケチャップ味の炒めたスパゲティだと思っていたが、イタリアンは塩コショウで味をつけたものだとする店もある。新潟では炒めた焼きそばにソース(トマトソースやカレーソース)をかけたものをイタリアンと呼ぶらしい。

img/20041112_1

今日、作ったナポリタンは具は玉ねぎだけのシンプルなものだったが懐かしくておいしかった。(手前味噌)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.01

手打ちパスタ

昨日は昼食用に麺が無かったので考えていると以前買ったデューラム小麦のセモリナ粉が有ったのを思い出し手打ちパスタを作ってみました。

材料:デューラムセモリナ粉500g,卵(M)4個,塩小1.5,オリーブ油大1
※以上の材料では卵が少なすぎました。5個または4.5個は必要だったと思います。

1.粉を大き目のタライ(100円ショップで買った)に入れ山を作り中央をへこまし卵を割りいれ塩・油も入れる。
2.卵をつぶし粉と混ぜる。ここからはうどん作りと同じように指で卵を粉全体にいきわたる様に混ぜました。
3.ある程度混ざったらまとめます。(この時卵が少なすぎることに気が付きました。)
4.ここで菊練り(もどき)をしました.....が硬すぎるので水で塗らした手ぬぐいを巻き寝かせました。
5.本当はここで普通に寝かせるのですが硬すぎるので電子レンジ弱2分でほんのり温かくなるまで温めました。
6.もう一度、菊練り(もどき)を行い、寝かせました。(しかし硬い!)
7.寝かせた後、約1mmの厚さに伸し、3〜4mm幅に切りました。

img/20040831_supa
半分食べた後に写真を撮りました。

今回は市販のペペロンチーノの素があったのでそれを使ってペペロンチーノを作ったのですが、書いてあった分量では少し塩辛すぎました。塩味をごまかすためバルサミコ酢を少したらして食べましたがこれが良かった、塩辛さも和らいで酸味でサッパリとして...でもこれはペペロンチーノではないですね。
でも思ったのは、「手打ちパスタにはクリーム系が合うかなぁ」と言うことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)