2008.01.11

粉物:日生のカキオコ

岡山県備前市日生町の名物にカキ入りのお好み焼きの「カキオコ」があります。カキオコに関するHPもあり、マップを作ったり、全店制覇イベントを行ったりしているようです。

2008年1月8日(火)に青春18きっぷを使ってカキオコを食べに行ってきました。

行き:広島(6:37)→[JR山陽本線・赤穂線]→(10:20)日生
帰り:日生(12:00)→[JR赤穂線]→(12:57)岡山(13:13)→[シティライナー]→(15:56)広島

行きは、広島駅から日生駅まで直通の便があるので楽ちんです。ちなみに行きの電車のトイレは一番後ろの客車にありました。(参考までに...)

・日生駅
_igp3774_2

お好み焼き屋へ行くには駅を出て、右方向へ歩きます。途中、何軒か店があるのですが、通り過ぎます。道の右側をずっと歩き、コンビニや八百屋を過ぎ、役場を過ぎると少し登りになり、ちょっと下りになりかけた所に

●あれ?人形!?
Imgp0378 Imgp0377_2

この店が第一のお奨めの店「安良田(あらた)」です。人形を目印にして行って下さい。この店の特徴は「カキを少し鉄板で焼いてから、お好み焼きにのせる事」です。

_igp3762 _igp3763
_igp3764 _igp3765

あとおばちゃんも気さくで面白いです。さて食べたので店を出て右に行きましょう。坂を下りていくと分岐点にさしかかります。

Imgp0362

サラダ館の看板が見えますが、これを右の路地に入ります。左に行っても有るようですが今回は右に行きました。あ!店が見えました。「みっちゃん!?」どこかで聞いたような名前?

Imgp0376 Imgp0375

「浜屋」です。
この浜屋の特徴はお好み焼きの大きさが大きく、カキもたっぷりのる事。おばちゃんも気さくで常連さんと「トメちゃん結婚せんのんかね?」と話していたのですが、よく聞いていたらRSKのアナウンサー「奥富亮子」さんのことでした。よく来られるそうです。

Imgp0365 Imgp0367 Imgp0368

さて、ここのおねえさんに聞いて、ソースでも買いに行こう!店を出て左に行って突き当たりのすぐ左に八百屋があってそこで売っています。大命ソースといいます。日生のお好み焼き屋のほとんどはこのお好みソースと同社のウスターソースを混ぜて店ごとのオリジナルなソースを作って使っているそうです。

_igp3766

ソースを買って帰り、もう一軒行こうかと思って入ったのは先の浜屋で聞いたみせ「ほり」ここのおねえさんがまた美人さんだったので、これは良い所へ入ったなと思っていると、日生の工藤静香と呼ばれている、評判の美人でした。ちなみに写真には撮っていないので気になる人は是非、お店に行って下さい。店の写真も撮ってません。

Imgp0372 Imgp0373 Imgp0374

浜屋より少し小さめですが、それなりにカキも沢山入ったお好み焼きでした。ソースは安良田や浜屋よりウスターソースの割合が多いようで甘みが少ないソースでした。

この後、本当なら「五味の市」という海産物の市場に行きたかったのですが、ほりのお姉さんに火曜日が休みだという事を聞いて断念しました。今度は開いている時に行って「カキフライソフト」も食べてみたいです。

この後、日生駅に戻り、帰りました。

・安良田 岡山県備前市日生町日生825-2
・浜屋  岡山県備前市日生町日生859
・ほり  岡山県備前市日生町日生886-5
・五味の市  岡山県備前市日生町日生801-4
・ほり  岡山県備前市日生町日生886-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

5/8:(3軒目)大蔵屋

前の2店はあらかじめ場所などを調べて行ったのだが、この店はそうではなく、実は「一龍」という尾道ラーメンの店が定休日か開いていなかったので、仕方なく入ったという店である。でも、女将さんは別嬪だし、お好み焼は美味しいし、結果オーライだった。

20060508__016 ←開いてませんでした。20060508__017

この店のお好み焼も丸い形をしていて楕円ではない。キャベツは他の店と比べて多め。ミンチ肉に見えるのは薄切り肉を包丁で細切れにしたもの、色が濃いのでもしかして「牛肉」と思ったが確認はとっていない。今度、確認しなくてはいけないな。

20060508__018 20060508__019

食べて感じるのはキャペツの歯ごたえが良いということだ。私はこのくらい焼きの浅い感じのキャベツの歯ごたえが好きなので3軒の中では一番好ましい感じだった。

今まで書いてなかったが府中市のお好み焼屋のソースはオタフクではなく「カープソース」が使われる事が多いらしい。基本的には甘めのお好みソースだが若干甘味が少なく、その分鹹めに感じるソースだ。

この日、たった3軒のお好み焼き屋を回っただけにもかかわらず、やはりその店によって味の違いがあることが分かった。他にも色々あると言う事も聞いているし、味噌を使ったソースを食べさせてくれる所もあるとも聞いている。また来てもっと面白い店に行ってみたいと思った。

お好み焼 大蔵屋
広島県府中市中須町840 → 地図

| | コメント (5) | トラックバック (0)

5/8:(2軒目)万両

古川食堂を出た後、自転車で2軒目のお好み焼き屋に向かった。本当は「さち」にしたかったのだが定休日なので仕方がない。ところで古川食堂も2軒目の万両もそうだが、中華そばとおでんをお好み焼と一緒に置いてあるのだ。広島では「若貴」とか一部のお好み焼き屋に置いてあるようだが、他にはあまり知らない。

さてこの万両という店、倉庫のような建物の奥まった所にある。お好み焼き屋はソースの香りがするので分かりやすいが、香りのしない食べ物だったら分かりにくいと思う。

20060508__013 入口はトラックの奥。ちなみに手前の自転車はマイ自転車。

ここのお好み焼も古川食堂と基本的に作り方は一緒で

 「皮→ダシ粉→キャベツ→そば→挽肉→溶いた小麦粉」

の順番で重ねていき、裏返して焼いて、薄く伸ばした玉子の上にのせてひっくり返してソースをぬって出来上がり。古川食堂よりミンチが多いせいかサクサク感がすこし強い感じがした。

20060508__028 20060508__012

古川食堂との違いは「楕円ではない」というところだろう。3軒目のご主人さんも言っておられたが、最近は持ち帰りようの容器が丸いのでそれに合わせて楕円でなく円になったとここのご主人さんも言っておられた。

お好み焼き 万両
広島県府中市広谷町781-1 → 地図
11.00-20.00(日祝-19.30)/水休/P有

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/8:(1軒目)古川食堂

以前から気になっていた「広島県府中市」のお好み焼を食べに行った。基本的には、といた小麦粉を鉄板の上に広げその上に野菜・そば・肉・玉子を使って重ねていく手法は「広島市風」と同じなのだが....。

20060508__022 入口の様子

古川食堂のお好み焼の特徴は楕円形をしていると言う事だ。頼むと丸くしてくれるそうだが基本的には楕円である。その上にキャベツの千切りがのるもやしは入らない。

キャベツの上には茹で麺を広げ、その上にミンチ肉を生のままのせる。(写真1)

20060508__025 写真1

あとはひっくり返して焼いて、最後に鉄板の上に玉子を薄く伸ばしてその上に焼けたお好み焼をのせてひっくり返し、ソースをぬって出来上がりだ。

20060508__026 出来上がりです。

このお好み焼の特徴としては、ミンチ肉なのでヘラで切り分けやすく食べやすい。あとミンチ肉が油で揚げた感じになるのでちょっとサクサク感が出る。というところでしょうか?

サクサク感などは店によってかなり違うらしくこの後行った店の方がサクサク感が高かった。店主さんの話によると古川食堂の近くにある「さち」という店の方がサクサク感が高いと言うかこってりしているので若い人好みの味じゃないかなと言う事でした。(さちは月曜日が定休なので行きませんでした。)

この後、近くの浅野味噌で「味噌のソース」と「お好みそース」を買いました。

20060508__020 お好みそース 20060508__021 味噌のソース

お好み焼き 古川食堂
広島県府中市府中町898-1 → 地図
0847-41-4401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

建部お好み焼店(海田・お好み)

 海田駅の北口を出て細い路地を進んでいくと、ソースの香りがしてきた。本当に住宅街の真ん中にポツンとある昔ながらのお好み焼き屋のたたずまいである。

00

さて、肝心のお好み焼きは、あらかじめ聞いていたとおり、直径が「30cm」はあろうかと思われる大きな物だった。ただし、厚みは薄いので食べられそうだ。

ところがココのお好み焼きが薄いのは理由があった。そう、最終的に半分に折りたたんだ形で出してくれるのだ。昔は鉄板が狭いのでよくやっていた、二つ折りのお好み焼きを平成のご時世に見られるとは思わなかった。

01 折りたたんだ面にはソースは塗ってある。
表面には塗っていないので自分で塗るようになっている。

建部お好み焼店 広島県安芸郡海田町稲荷町11-10
・地図(PC用)(携帯用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

駒ちゃん(海田・お好み焼き)

業務用スーパー海田店近くにある駒ちゃんは先代から数えると創業から約30年あまりの老舗だ。

ここの特徴はそのお好み焼きの作り方であろう。

ここではまず始めに野菜と麺を炒め味付けをしいわゆる「焼きそば(または焼きうどん)」をつくる。
その後鉄板に丸く広げた生地の上に焼きそばをのせ、お好み焼きに仕上げていく。

この日はうどん入りを注文したのでまず焼きうどんを作ってお好み焼きに仕上げていった。焼きうどんはそんなに炒めないため野菜にまだ歯ごたえが残っている。

この辺は工場が多いのでお腹をすかせた工員に早くお好み焼きを提供したいということから先代のおばあさんがこの作り方を考えたそうで今の店主はこの作り方を守っているということだった。

後日、調べてみるとこの様な焼き方の店は呉に多いらしい。それと広島市内の南区出汐の「たけや」が同じような焼き方をするという情報をもらった。

(1)01_1 (2)02 (3)04 (4)05

(1)まず焼きうどんを作ります。
(2)焼きうどんを丸くまとめて、隣にお好みの皮を作ります。
(3)焼きあがった皮に焼きうどんをのせ、上に小麦粉をといたものをかけます。
(4)ひっくり返して焼いて、焼けたら戻してソース等をかけます。

駒ちゃん
地図(PC用)(携帯用

| | コメント (0) | トラックバック (0)